2018年11月27日火曜日

アフィリエイトとは(その2)

こんにちは、こうちゃんです。

前回の日記で、

アフィリエイトとは、なんぞや

と解説しましたので、
その続きで、
ちょっとアフィリエイトをするのに必要な、
契約会社(ASP)についてちょっと解説を~


○ASPとは

アフィリエイトサービスプロバイダの略で、広告を使い宣伝したい企業と、
ホームページに広告を載せたいユーザーとを結ぶ仲介役。
個人で一社一社契約を交わすのは大変な手間なので(また、普通の企業は対応してくれない)、
アフィリエイトを始める場合、まずこのASPと契約します。

ホームページ・ブログで、クリック・買い物・会員登録等、成果が発生した場合、
まず広告出稿企業がASPに代金を払い、それをASPが取りまとめて利用者に払います。
なので、通常ひとつのASPを経由し、多数の企業と契約したとしても報酬の受け取りは一括で行えます。

ASPにより扱える広告の数も大きく違い、
また、審査の必要なところ、不要なところ、支払いまでが早い・遅い等、ASPにより特徴が大きく異ります。
ただし、ASPは登録に関しては無料なので、それぞれのよい点を探し、利用する意味でも多くのASPに登録するとよいです。


○アフィリエイトの広告形態

一般的にアフィリエイトの広告は以下のような形態があります。

・テキストリンク
その名の通り、企業指定のテキストを表示し、そこがリンクになっているものです。
文字色や背景色は自由なことが多く、サイトのデザインも崩さずに利用できるので、利用しやすいです。
が、欠点として、テキストリンクは単価が安いものが多い上に、あまり目をひかないので、報酬の期待値は低めです。

・テキストリンク(枠付き)
テキストリンクの一種ですが、目立つようにASP指定の枠組みの中に入っているものです。
一見テキストリンクですが、たいていはjavascriptで読み出す広告がASP側に制御されています。
少々サイトデザインに制限がつきますが、単価が高いものが多いです。

・バナーリンク
企業指定の画像を載せ、その画像がリンクになっているものです。
画像だけに目をひき、クリックしてもらえる確率は高いですが、画像の色やデザインが目立つため、
サイト本来のレイアウト、色合い等が崩れてしまう危険が高いです。
使いどころやデザインに注意したいところ。
一般的に、テキストリンクよりは単価が高めに設定されることが多いです。


といったところです。

これらの情報でだいぶおわかりになっていただいたかと思いますが、

そのアフィリエイトの報酬形態等の解説もします。

大詰めです☆

じゃあ、アフィリエイトの報酬はどのように発生するの?

それはどう手に入るの?

的な部分を少々解説しようかと思います。

また若干固い内容ですが、

少々お付き合いください。


○アフィリエイトの報酬形態

一般に、広告から報酬が発生する形態には、大きく分けて3通りが存在します。

・成果保証型
訪問者が広告をクリックして、リンク先の企業のサイトを訪問し、
商品購入や会員登録などを行った際に報酬が発生するタイプ。
企業としては実際に何か企業側にメリットが生じた時に報酬を出すので、一番確実な手法
広告費に対して効果がはっきりしているので現在一番多いタイプ。
何かひとつのジャンルに特化したサイトでないと安定した収入は見込めない

※業界内で一番多いタイプなので、まずアフィリエイトというとこの手の広告を貼ることがほとんど

・クリック保証型
訪問者がバナー・リンクをクリックした回数に応じて支払われる報酬。
昔はこのタイプが多かったが、あまりに不正クリックが多かったためこのタイプは衰退。
現在でもこのスタイルを利用しているところは、IPアドレスやクッキーを利用して不正クリックの排除を試みている。
ある程度の訪問者が見込めるサイトであるならば、広告の出し方によりそれなりに収入が見込める。

※集客ノウハウ等持ってなくても、少額とはいえ、まず収益が発生するので、初心者が仕組みに慣れるのには向いている。

・インプレッション型
インプレッション型は、表示保証型とも言われ、広告となる対象物が表示された回数に対して報酬が支払われるもの。
とにかくPVに大きく左右されるので、アクセス数などが多いサイトに向いている。
が、1000回表示されても2,3円程度というところが多いため、
大手ポータルサイトのような多くの訪問が見込めない場合、利用価値は低い。

※アクセスの多いサイトを持っているととてもありがたいが、最近ではこのASPがほとんどなく、取り入れづらい。


○アフィリエイトの報酬受け取り方法

一般にアフィリエイトの報酬は現金で銀行振り込みとなる。
一部ではネットマイルのようなWebサービスのポイントで受け取るものもある。
あまり多くのサイト等に銀行口座情報を登録するのは個人情報の観点から嫌な場合、
極力このような他のポイント、商品券等への交換を選択するのもあり。
ただし、多くのASPは銀行振り込み専用である。
また、楽天銀行への振り込み限定、のように、受け取り銀行が指定されるものもある。

近年ほとんどのASPが銀行振り込みに対応しているが、一部特定の銀行や郵便貯金、小切手支払いなどにしか対応していないものもある。
必ずしもASP選択の主要因にはならないが、チェックはしておきたい項目です。


以上のような、仕組みで、

報酬形態が成り立っています。

もちろん、

会社ごとに特徴もあり、

すべてにこの原理が適用されるわけではありませんが、だいたいこのような動きをするところが多いです。


こうちゃん

2018年11月13日火曜日

アフィリエイトとは(その1)

こんにちは、燃えPaPaです。

ある程度興味あって、わかってる方がこのブログを見ることがほとんどかな、

と思いつつも、詳しくない人にも知ってもらうために、

今回は、


そもそも
アフィリエイトとは、なんぞや?


というところから解説しておこうかと思います。


○アフィリエイトとは、

「提携」を意味し、広告配信により収入を得るwebビジネスです。
投資が不要で、無料でスタートできるので手軽な副業として利用可能、
ホームページ、ブログ等をお持ちならすぐにスタートできます(ホームページ、ブログスタートも基本無料)。

ホームページ・ブログに企業の広告を載せ、訪問者がその広告をクリック、
リンク先で買い物、会員登録等、何かアクションすることで、その報酬が得られるようになります。
具体的な方法については次の項目で説明するとして、
この、アフィリエイトという方法は、仕組みがわかりやすく簡単で、
ある程度軌道に乗ればそれほど管理の手間もいらないため(基本的に訪問者のアクションにお任せなので)、
近年ネット利用者に広まりつつあるお小遣い稼ぎです。

アフィリエイトは、もともとは、企業が一般消費者も広告活動に巻き込むためにアメリカで流行しだした手法で、
広告形態・量、ともに、アメリカに比べると、日本ではまだまだですが、
参加企業も近年急増していて、これからのWeb副業として期待されるジャンルです。


○アフィリエイトの方法

アフィリエイトのやり方は、企業の広告を貼るといっても、直接企業と契約をするわけでなく、
ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)と呼ばれる中継会社を通して契約します。
一般的に、ASPに登録する(無料)ことで、
そのASPが契約している多数の企業の広告を取り扱うことが可能になります。
各種ASPと契約後、用意してくれるHTMLタグ等を自身のホームページ・ブログに貼り付けることで広告活動になり、
ホームページを訪れた人がそのリンクをクリックすることや、
リンク先で買い物、会員登録等、何かアクションすることで報酬が得られるようになります。

流れとしては、

1.ホームページ・ブログを作成する(すでに持っている場合は作成は不要)
2.ASPと契約する
3.所定の広告をホームページ・ブログに貼り付ける(たいていはタグをhtml中に貼り付けるのみ)
4.訪問したユーザーがクリック・買い物等アクションをすることで報酬が確定
5.一定の報酬額に達すると、ASPから報酬が支払われる

といったものになります。

初心者がホームページにデザインまで考慮してアフィリエイトを適用するのは大変なので、
最初はブログから始めるとよいです(ほとんどのブログは広告掲載可能)

近年ではアフィリエイトを始める人の苦労が少ないように、手間いらずの管理法をとっているASPも多いです。


このあたりが一般的、かつ、みなさまの知りたいあたりではないでしょうかね。



なお、

用語や、必要な契約等も興味深いところかと思いますので、

次回、もう少し掘り下げて解説してみようかと思います。

2018年11月9日金曜日

自己紹介の続き

こんばんは、
燃えPaPaです。

当ブログの中でですね、
先日、ちょっと、
作者であります、
わたくし、

燃えPaPa

こと、

薄井康志

自身の自己紹介を書きましたけど、

考えてみましたら・・・
ネット上で
google大先生wをはじめとする検索エンジンの情報収集力はハンパないので・・・
そのうち、検索等で、情報が丸見えになってしまうであろうことから、
ちょっと遠慮気味に書いてみましたが・・・
(と言いつつもそれでもだいぶもろだしですけどww)

ふと、考えてみますと、
これまでも結構無茶してて、別にネットでもだいぶ見つかりますし、
(検索エンジンには私の名前が出るサイトは多数インデックスされてますw)
もはや私自身隠すこともなく、
いたって普通に、

薄井康志
http://blog.livedoor.jp/tepodonusui/archives/452095.html

としてサイトやブログで本名丸出しで、
そこかしこで載せてました。


他の登録制のサイト等でも
結構プロフィール公開してます。
SNSによっては、
そういう登録時には、本名登録が義務、ってサイトも多いですけど。

現代社会ではネットもひとつの小社会なので・・・
WEBの世界で本名載せるのはどうかとも思いますが、
(ついでにWEB関連で普段メシ食ってる人間なので余計にw)
・・・そんなの気にせずw

これは・・・まあ考えてみれば、
男子なんて仮に素性がわかっても、
古いなじみの知り合いに何かバレても大して危なくないですし、
実際なんかまずいことしてるわけでもないですし、
敵対企業があるわけでもないですしね。

それに・・・
しょせん私にストーカーとかついてくれるはずもなくorz

※むしろ女性ならついて欲しい・・・w

・・・
そんなわけで、
じゃあ、いいじゃんwと。

と言いますか、
いまどきって、
facebookとかで結構名前って
簡単に検索できますしね。

そして、facebookのSEO効果が激しいもんで、
たいてい名前で検索すると上位にきてしまうww


逆になんらかでビッグになった時のために、
今から名前売っとかないとw
(いつの話かはわかりませんが)

そんなこんなで、

あまり隠れることなく公開中です。
知り合いに検索してもらえることもあるかもしれませんし、
むしろこうして宣伝してみたりしてみますw

よろしければ、
軽くこんな素性の変わり者も
今後ともよろしくお願いします。


燃えPaPa